GEOやYAMADAで仕入れ可能!

 

2012年から販売されている任天堂の人気ゲーム機「wii」。2016年11月15日に任天堂公式サイトで生産終了が発表されてから価格が高騰しました。定価32400円の商品がアマゾンやYahoo!オークションでは5万円を超える価格で取引されています。

 

もともとそこまで人気のない商品だったのですが、生産終了のニュースで需要が高まり価格が高騰しました。生産終了のニュースが流れた直後は店頭やネット上で仕入れることができましたが、今はほとんどの在庫が流通していないので、定価で仕入れる事は難しいです。

 

こういった情報をいち早くキャッチして、仕入れに役立てる事ができれば、転売で効率的に利益を上げることができるようになります。

 

このように、生産終了になったゲーム機は価格が高騰しやすいと言う話は有名ですが、本体の付属品であるコントローラーやACアダプタなども価格が高騰しやすい傾向にあります。

 

 

例えば、wiiの純正コントローラなどもアマゾンで価格が高騰しています。

 

 

こうしてゲーム機本体が生産終了になると、それに関する付属品等も全て生産終了になるため、つられて価格が高騰します。

 

 

このような付属品は本体よりも、少し遅れて価格が上がる事が多いのが特徴です。モノレートを確認すると、最近価格が急激に高騰していることが確認できます。

 

 

Wii U PRO コントローラー (kuro)
http://mnrate.com/item/aid/B009AP23NI

 

ゲーム機本体に比べて付属品は扱うライバルが少ないので、仕入れが行いやすいというメリットがあります。今回紹介させて頂いた商品は、wiiのメーカー純正品ですが、純正ではない社外品の付属品などもプレミア価格になっているものがたくさん存在しています。リサーチの際にぜひチェックしてみて下さい。

 

ちなみに、こちらの商品はヤマダ電機やGEOなどで5000円前後で仕入れることが可能です。それではまた更新させていただきます。

 

 

 

最新の転売情報をお届け!Amacode公式LINE@



せどり転売支援アプリAmacodeの公式LINE@です。
店舗仕入れや、電脳仕入れ、市場仕入れなど、国内物販に関する有益な情報を幅広く配信していきます。
LINE@読者限定のプレゼントも定期的に配信していますので、是非登録してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です